知的財産で注意するべきこと2~特許申請について

特許は、工業所有権うちの特許権のことで、発明した場合、その発明が真似されないように権利化して守ってもらう必要があります。特許申請では、すでに登録されたものと同じものがなければ、特許として登録されることになり、権利が付与されるようになります。この登録を行わないと、発明は守られるということはありません。

特許権を得るならば発明のために、その開発にかけてきた時間とお金を無駄にすることはないでしょう。そのことから、特許の申請や開発前には、しっかりと調査しなければならないとしています。そこで、発明は、国に守ってもらうことになるのですが、この発明すべてが、特許申請されて特許として登録されるわけではないことを理解しなければならないのです。

特許は知的財産

特許は権利をもつことにより、価値をもつようになります。特許は、知的財産の一種なのです。そうしたことから、特許は財産としての売買取引されるようになります。特許は財産ですので、その侵害から守らなくてはなりません。特許として登録された権利は、その国の中において権利を行使することができるようになるため、もし似たような技術を使った商品を見つけた場合は、差し止め請求などを行なって権利を守る必要があるのです。

価値ある特許はよく真似されたり、権利が侵害されるようになります。類似品が自分の特許権を侵害しているのであるなら、その売り上げに応じて損害賠償請求を行う必要もあるでしょう。これは財産を守るために行うべきことですから、ほかの人にも侵害されないようにきちんと対応しなければならないものとしています。

特に日本では、このような技術や手法について他人の財産を侵害するといった自覚が薄いということが、諸外国よりも目立つとされています。そこで、特許申請を行なってからは、常に類似製品の発見に努めなくてはならないとしています。このように、特許とは、申請や審査をされて登録されても権利の保護のために努力しければならないとされているのです。

そうしたことから、特許は財産としての権利であるために、積極的に調査したり、特許侵害に対しては必要な対応を行なっていかなくてはならいとしているのです。